総合精肉卸 カワサン

こだわり(銘柄)商品
会社案内
衛生管理マニュアル
衛生管理点検表
細菌検査と社員育成
受注から納品まで
配送エリアと納品時間
冷蔵庫、商品温度管理
お問い合わせ
個人情報保護方針
認定取得制度

会社概要


ご挨拶
代表取締役  弊社は昭和22年に創業以来、より良い精肉及び加工の品の提供を目的に業務を行ってまいりました。先々代から脈々と続いてきた弊社の長い歴史を踏まえた上で、今後は家業から企業への脱皮をはかり、お客様へ今まで以上の安全性と利便性を提供していく所存です。その一環として、精肉業界では先駆けともいえるISO9001の取得、また内部組織体制の強化も図りました。
 今後はより一層の経営体質の改善と品質意識の改善につとめ、お客様に満足していただけくとともに、全社員の業務意欲の向上を図ってまいります。
 ”カワサン”が総合精肉卸のトップブランドとして、信頼の証となるように日々邁進してまいりますので、何卒今後ともよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

代表取締役 有賀 宗太郎

代表者経歴

最終学歴 明治大学商学部卒業(應援団リーダー長)
平成 4年 丸紅畜産株式会社入社
平成10年 丸紅株式会社大阪食品部に転籍
平成11年 丸紅株式会社退社
同   年 長印飯山中央市場株式会社入社、株式会社信州がんこ村設立
発起人として専務取締役就任
平成14年 株式会社カワサン入社
平成18年 代表取締役に就任
           

会社概要
会社名 株式会社 カワサン
所在地 東京都台東区根岸4丁目18番11号
(郵便番号)110-0003 (電話)代表 03-3872-3108
役員氏名 代表取締役  有 賀 宗太郎
取締役兼会長 有 賀 清 文
取締役     有 賀 世津子
監査役     村 松 保  雄
設立年月日 昭和22年8月28日
事業内容 1. 精肉(牛、豚及び鶏等)の商品の企画・加工及び販売
2. 加工品(ハム、ベーコン及びウインナーソーセージ等)の小分け販売
3. 冷凍食品及び食材の小分け及び販売
資本金 金1,000万円
従業員数 男子10名 女子5名 合計15名
主な取引先
  (敬称略)
●ホテル    :アートホテルズ、ニューオータニイン東京
          アーバンホテル 他
●学校給食   :中央区学校給食、坂本保育園、谷中保育園 他
●フードサービス:(株)NECライベックス、(株)グリーンハウス
           シダックスフードサービス(株)、エームサービス 他
●社員食堂   :(株)エトワール海渡、 (梶jえいらく、商工サービス 他
●スーパー    :さくらコマース
●病院・施設  :若洲ゴルフリンクス 他
●弁当      :タイヘイフードサービス(株)、(梶j祝一 他
●外食      :一粋、MALU、た喜ち、他
●中華料理   :満腹苑、萬勝楼、神田餃子屋、中華街 他
●業務卸    :関東食材、サンスイ(株)他 (順不同敬称略)
主な仕入先
  (敬称略)
日本ハム(株)、(株)伊藤ハムミート販売、関東プリマミート販売(株)
丸紅畜産(株)、大丸フード東日本、スターゼン(株)関東日本フード(株)
他(順不同敬称略)
取引金融機関 三菱東京UFJ銀行 日暮里支店、商工中金 上野支店
朝日信用金庫 根岸支店、大東京信用組合 日暮里支店(順不同敬称略)


会社の概要
       
昭和13年 有賀宗作が文京区根津八重垣町にて創業
昭和22年 株式会社川三精肉に改組設立
有賀宗作 代表取締役に就任
昭和23年 資本金50万円に増資
本店を台東区小島町に移転
昭和25年 本店を現在地台東区根岸に移転
昭和33年 代表取締役 有賀宗作 死亡退職
有賀宗作の兄 有賀文之丞 代表取締役に就任
昭和34年 代表取締役 有賀文之丞 退任
有賀ツル子、有賀清文両人 代表取締役に就任
昭和53年 資本金400万円に増資
昭和56年 有賀世津子 取締役に就任
昭和57年 資本金800万円に増資
平成元年 代表取締役 有賀ツル子 退職
平成3年 資本金1000万円に増資
平成7年 株式会社 カワサンに商号変更
平成12年 有賀宗太郎 取締役に就任
松村保雄 監査役に就任
平成16年 新工場増設1階
平成17年 代表取締役 有賀 清文 退任
有賀宗太郎 代表取締役に就任
有賀 清文 取締役兼会長 就任
ホームページ開設
平成18年 ISO 9001 取得
平成19年 東京都食品衛生自主管理認定制度 取得

ページトップへ▲

Copyright(C)Kawasan All rights reserved  

TOPこだわり(銘柄)商品会社案内衛生管理マニュアル衛生管理点検表衛生管理体制
受注から納品まで商品カテゴリ冷蔵庫、商品温度管理お問い合わせ個人情報保護方針認定取得制度